お知らせ

第42回 沖縄の産業まつりに参加

 第42回「沖縄の産業まつり」が10月19日(金)~21日(日)の3日間、那覇市の奥武山公園と県立武道館で開催され、「うちなー発 世界へとどけ県産品」をテーマに、6つの会場で502の企業や団体、個人が出展しました。

 琉球大学は、県立武道館アリーナ棟において、沖縄産学官イノベーション創出協議会の参加機関として、パネル展示(ミニ・オープンラボ)と体験教室(こども科学実験室)を実施しました。

 「ミニ・オープンラボ」では、荒川雅志教授(国際地域創造学部)より『沖縄コーヒープロジェクト』をテーマに、沖縄県産無農薬コーヒーで6次産業化ビジネスモデル化を目指す試みについて、石田哲夫教授(理学部)より『生化学的研究でアフリカマイマイをバイオソースとして見直す』をテーマに、アフリカマイマイの組織から有用な酵素やタンパク質を調べる試みについて、渡嘉敷健准教授(工学部)より『沖縄集合住宅の音環境対策研究の紹介』をテーマに、外部の騒音に強く、室内が快適音空間となるコンクリート住宅を目指す研究開発について、大学コンソーシアム沖縄より『知的・産業クラスター支援ネットワーク強化事業』の概要説明について、地域連携推進機構産学官連携部門より『琉球大学ブランド商品開発支援事業』の商品展示・紹介と、『イノベーション創出人材育成事業』で支援を行っている起業家の紹介について、 6件の研究成果のパネル展示を行いました。

 「こども科学実験室」では、中川鉄水助教(理学部)より『水素のチカラ』をテーマに、手回し発電機で水素を作るタイムアタックと、燃料電池ラジコンのレースで子どもたちに水素を使う体験教室を行いました。

「第4回 沖縄海洋ロボットコンペティション」 ROV部門で最優秀賞!

平成30年10月13日(土)~14日(日)、沖縄県宜野湾市宜野湾新漁港にて 「第4回 沖縄海洋ロボットコンペティション」が開催されました。本コンペティションは国内で唯一、海を競技会場としており、難易度も高いと言われています。

今回、ROV部門(Remotely Operated Vehicle)、AUV部門(autonomous underwater vehicle)、 フリースタイル部門の3部門があり、県内外から14チームが参加し沖縄の海に挑戦しました。

本学工学部機械システム工学科及び理工学研究科の学生チーム(チーム名:ジンベイザメ、ロボット名:タマン号、メンバー:金山佳広、金城兵研、中川真、柳健一、田場大貴)はROV部門で最優秀賞(1位)に輝きました。また、同部門、優秀賞:長崎大学、敢闘賞:豊橋技術科学大学となりました。

詳細は「第4回 沖縄海洋ロボットコンペティションHP」をご参照ください。
http://www.robo-underwater.jp/2018/rchp/JPN/index.php
 
タマン号の概要

名  称 タマン号
参加部門 ROV
仕  様 共通
寸法(mm):高さ 180 mm x 横 230 mm x 奥 320 mm
空中質量(kg):4.1 kg
ROV部門
使用電圧(V):30 V
消費電力(W):240 W
その他(潜航深度や航行速度、センサなど)
前向きカメラ、下向きカメラ、画素数:48 万画素
重量:490g
電源:DC12V, 250mA
概  要 一昨年から引き継いでいる機体です。去年の問題点を修正し、操作性の改善に取り組んでいます。機体の改善としてロボットからのケーブルの延長を行っています。フレームは塩化ビニールパイプで作製し、3つのスラスターには 24V のポンプを利用しています。プロペラは直径 60mm の物を利用し、プロペラ軸は約 55mm の物を使用しています。搭載しているカメラは防水加工されたものを使用しています。

動作検証を終え、海での試走に取り組んでいます。現在は、QRコードを素早く読み取れるように練習を重ねています。

【大学技術移転協議会】アニュアル・カンファレンス開催

このたび、一般社団法人大学技術移転協議会(UNITT)主催により、
以下及び添付パンフレットのとおり、アニュアル・カンファレンスが開催されますので、
御案内いたします。

つきましては、貴機関の皆様に御案内いただき、参加を御希望される場合は、
以下参加申込み方法を御確認の上、

お申し込みくださいますよう、お願い申し上げます。

                      記

「UNITTアニュアル・カンファレンス2018」

■開催日
2018年9月1日(土)10:00~18:00 ※意見交換会18:30~
       2日(日)10:00~15:45

■会場
お茶の水女子大学 大学講堂(徽音)等

■主催
一般社団法人 大学技術移転協議会

■概要
UNITT(大学技術移転協議会)のアニュアル・カンファレンス(A.C.)は、全国の大学等から産学連携関係者が500人規模で集まって、大学・公的研究機関の研究成果活用に関する諸課題について討議をする場です。2日間、1プレナリーセッションと20のワークショップセッションにおいて、技術移転・産学連携に関する熱いテーマで議論が展開されます。各セッションの後半では会場も巻き込んだ双方向の議論をします。昨年(@東工大)の人気Best3は、諸外国の産学連携、大学発ベンチャー、著作権ライセンスでした。今年はTLO法施行20周年の記念イベントも用意しました。昨年のアンケート結果と会員からの要望に基づき、珠玉の20テーマを選定しました。大学で今何が熱いのか、産業界の方も知る良い機会になります。多くの皆様からのお申し込みとご参加をお待ちします。(HP抜粋)

■プログラム
こちらをクリックで詳細を表示

■会費
(セミナー会費)
a正会員、賛助会員(法人):20,000円 /人(当日お申込み:22,000円)
b賛助会員(個人):10,000円(当日お申込:12,000円;別途個人賛助会員費10,000円/年徴収)
c会員から紹介された企業の方(事前申込):18,000円/人
d学生:2,000円(当日お申込み:同額)
e一般(非会員):30,000円 (当日お申込み:32,000円;事前に個人賛助会員になると、上記bに該当可)
(意見交換会費)
3,000円(当日申込:同額)
※セミナー会費とは別途必要

■参加申込み方法
次のURLからお申込みください。
https://unitt.jp/seminar/unitt/

■お問い合わせ先
一般社団法人 大学技術移転協議会 事務局
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目6番2号 第2秋山ビル6階
TEL:03-5402-1857
e-mail:contact@unitt.jp<mailto:contact@unitt.jp>

【NEDO】支援プロジェクト開始の案内

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、
技術系ベンチャーとして起業する意欲をお持ちの皆様を対象として、ピッチ(プレゼン)コンテストと
研修・個別メンタリング等を組み合わせた、下記の支援プログラムの参加者を一般に広く募集します。

応募様式等の詳細につきましては、下記リンク先よりご確認いただきますようお願いします。

http://nedo-tcp.jp/NEDO_TCP/

 

応募要件

次に示す1~3に示された条件を全て満たす者とします。

  1. 1公募開始時(平成30年6月8日)に起業していない個人、研究者又は研究チーム
  2. 2具体的な技術シーズを活用し、それに基づく事業構想を有する起業家であって、我が国の経済活性化に寄与すると認められる応募内容であること
  3. 3反社会的勢力又はそれに関わる者との関与が無いこと

募集内容

経済産業省所管の鉱工業技術(例えば、ロボティクス、AI、エレクトロニクス、IoT、クリーンテクノロジー、素材、医療機器、ライフサイエンス、バイオテクノロジー技術、航空宇宙等。但し、原子力技術に係るものは除く。)を活用した商品、サービスに関するもの

審査基準

  • 技術シーズの事業化の可能性が高いこと
  • 顧客ニーズを意識したビジネスプランであること
  • 将来性・実現可能性が高いこと
  • 事業化に対する情熱・熱意を有していること
  • 社会性を有していること

応募者への特典

  1. 応募者への特典
    • ビジネスプランの添削(事前提出者のみ/審査対象のプランのみ)
  2. 一次審査通過者への特典(20チーム程度を想定)
    • ピッチコンテストに向けた集合研修「シリコンバレー流起業塾」受講(東京、大阪)
    • 国内またはシリコンバレーのメンターによる個別メンタリングの実施
    • 投資家や企業等とのネットワーク構築機会の提供
    • ピッチコンテストでのプレゼンテーション発表
    • 最終審査会におけるポスター発表
    • NEDOが実施するシリコンバレー研修・イベントへの応募資格付与
  3. TCPファイナリスト(二次審査通過者)への特典(10チーム程度を想定)
    • 最終審査会でのプレゼンテーション機会の提供
    • 最終審査会でのポスター発表
    • NEDOインキュベーションセンター利用権
    • Hello Tomorrow GLOBAL SUMMIT(2019年3月パリ開催)参加の渡航費負担
      ※1
      別途Hello Tomorrow GLOBAL CHALLENGEに応募の上、Top500に選出されたチーム(最大3チーム)が対象。 http://hellotomorrowjapan.org/ 【募集期間6/4-9/14】
      ※2
      3チームに達しない場合にはセミファイナリストも対象とします。
  4. 優秀者への特典(3チーム程度を想定)
    • NEDOが公募する研究開発型ベンチャー支援事業へのシード権(一次審査免除等)
    • 終了後もNEDOによる継続した起業支援

  • 最優秀賞
  • 優秀賞
  • ファイナリスト賞

留意事項

  • TCP2018のプログラム参加費は無料です。
  • 国内イベント参加のための交通費は原則自己負担となります(ただし、二次ピッチ審査会及び最終審査会については、遠方(会場から80Km以上)からお越しの場合に限り事務局が負担いたします)。
  • 一部交流会参加費や飲食費用に関しては参加者負担となります。
  • 本プログラムへの参加者は、後日報告会等にご出席をお願いすることがあります。
  • 本事業終了後、本事業の成果についての追跡調査・評価・特許等の取得状況及び事業化状況調査に御協力いただきます。
  • NEDOが主催、共催及び後援する地域イベントの優秀者が二次ピッチ審査会又は最終審査会に参加する場合があります。
  • 応募フォームは本事業の参加者選定のためにのみ用い、厳重に管理します。取得した個人情報は審査に利用しますが、特定の個人を識別しない状態に加工した統計資料等に利用することがあります。御提供いただいた個人情報は、上記の目的以外で利用することはありません。(法令等により提供を求められた場合を除きます。)

 

【沖縄総合事務局】NEDO事業(ベンチャー・中小・中堅企業向け支援事業)の説明会案内

NEDO事業(ベンチャー・中小・中堅企業向け支援事業)の説明会について

–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、

ベンチャー・中小・中堅企業の方を対象にした、研究開発成果の実用化・事業化支援事業や

IoT社会の実現に向けての技術課題や周辺技術に係る研究開発支援事業等について、

下記の通り、説明会を開催しますので、ご案内致します。

●日 時:平成30年3月26日(月) 15:30~17:00  

●場 所:内閣府沖縄総合事務局10階会議室

(那覇市おもろまち2丁目1番1号 那覇第2地方合同庁舎2号館)

●定 員:40名程度(先着順)

●参加費:無料

◆詳細・申込先はこちら

→沖縄総合事務局経済産業部サイト  

http://www.ogb.go.jp/Home/keisan/3353/017042  

【お問い合わせ先】   

 内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課 (担当:宇座、與古田)

 TEL:098-866-1730 FAX:098-860-1375

「DIVE INTO!2018 ビジネスプランコンテスト」開催案内

「DIVE INTO!2018 ビジネスプランコンテスト」開催案内

 

日時:平成30年2月27日(火) 14:30~16:30

会場:琉球大学地域創生総合研究棟1階

主催:琉球大学地域連携推進機構

チラシ:DIVE INTO!2018

【沖縄総合事務局】平成30年度経済産業関係税制改正説明会開催

平成30年度経済産業関係税制改正説明会が開催されます。

詳細は、下記の通りで、詳細・申込書は別添のとおりとなっております。(HP内にも有り)
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
 平成30年度経済産業関係税制改正説明会

●日 時:平成30年2月16日(金)13:00 ~14:30
●場 所:沖縄総合事務局10階会議室
     那覇市おもろまち2丁目1番1号 第2地方合同庁舎2号館
●参加費:無料(要事前申込)
●定 員:40名(先着順)                               

◆詳細・申込先はこちら
→ http://www.ogb.go.jp/keisan/oshirase/016935.html

【お問い合わせ先】
 沖縄総合事務局経済産業部地域経済課 
担当 宇座、與古田
 TEL:098-866-1730

「沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業(出口志向型研究支援業務)」委託共同研究成果発表シンポジウム

平成29年度「沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業(出口志向型研究支援業務)」委託共同研究成果発表シンポジウム

ダウンロード
2月28日 成果発表シンポジウム.pdf
PDFファイル 1.3 MB

 

日時:平成30年2月28日(水) 13:00~16:30

会場:パシフィックホテル沖縄 2階「万座」https://pacifichotel.jp/access/

主催:沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業(出口志向型研究支援業務)受託共同企業体

URL:https://www.ostc-okinawa.org/

【農林水産・食品産業技術振興協会】知的財産セミナーのご案内

当協会におきましては、農林水産・食品分野の産学連携推進に向けた活動を進めて
おります。http://jataff.jp/
農林水産省の委託事業の一環として、2月5日に知的財産セミナーin沖縄「農林水産・
食品分野の研究開発における知的財産マネジメント」及び競争的研究資金の申請に
関する個別相談会 を開催させて頂くことになりました。

ご都合がよろしければ是非ご参加頂きたく、ご案内申し上げます。
どうかよろしくお願い申し上げます。

■知的財産セミナーin 沖縄「農林水産・食品分野の研究開発における知的財産
 マネジメント」及び競争的研究資金の申請に関する個別相談会

 農林水産・食品分野において、オープンイノベーションによる研究開発に取り組む
方々等を対象に、知的財産マネジメントに関する実践的な考え方・ポイント等を説明
すると共に、農林水産・食品分野の研究開発における知的財産マネジメントの事例等
も紹介します。
 セミナー終了後には農林水産省の研究資金の申請に関する個別相談会を開催します。
 参加費は無料です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日時: 平成30年2月5日(月) 13:30~18:00
会場: 沖縄産業支援センター3F 中ホール (沖縄県那覇市字小禄1831-1)
主催: (公社)農林水産・食品産業技術振興協会
共催: 沖縄農業研究会
内容: http://jataff.jp/news/seminar/index.html#okinawa0205
案内: チラシ

1.知的財産セミナー

 ・知的財産マネジメント特別講演1
  「6次産業化のためのオープン・クローズ戦略」
   奥野 彰彦 氏 (SK特許業務法人 代表社員 弁理士)

 ・知的財産マネジメント事例紹介1
  【農林水産省「知」の集積と活用の場のプラットフォームにおける事例】
  「『Society5.0におけるファームコンプレックス研究開発プラットフォーム』
   における知的財産マネジメント」
   吉田 重信 氏 (三菱ケミカル(株)研究開発戦略部 渉外グループ マネージャー/
   「知」の集積と活用の場「Society5.0におけるファームコンプレックス研究
   開発プラットフォーム」プロデューサー)

 ・知的財産マネジメント特別講演2
  「沖縄の知的財産活用の現状と今後の課題」
   楢原 龍史 氏 (内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課 知的財産室)

 ・知的財産マネジメント事例紹介2
  【沖縄地域の研究開発・商品化における事例】
  「沖縄伝統野菜クワンソウの研究開発・商品化における知的財産マネジメント」
   渡嘉敷 哲 氏 ((株)クレイ沖縄 社長)

 ・質疑・意見交換

2.競争的研究資金の申請に関する個別相談会
 農林水産省農林水産技術会議事務局の研究資金(平成30年度イノベーション創出
 強化研究推進事業等)の申請に向けた相談にコーディネーターが対応します。

<お申込方法>
 webサイトよりお申込み下さい。
 詳しくはこちら→ http://jataff.jp/news/seminar/index.html#okinawa0205

<事務局>
 (公社)農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)
 産学連携事業部 川畑・酒井・佐藤
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7階
 TEL:03-3586-8644, FAX:03-3586-8277, E-mail:renkei-seminar@jataff.jp

「明日の健康と美容を一緒に考える!」シンポジウム開催

「明日の健康と美容を一緒に考える!」シンポジウム
~沖縄におけるヒト介入試験プラットフォーム構築に向けて~

 

【日時】: 2018年1月10日(水) 14:00~17:00(13:30開場)  

【場所】: 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ 6F シェルホール

【対象】:健康・美容関連業界の経営者・企画担当者

     社員の健康づくりに取り組む経営者・人事担当者

 

おいしい食事をいただいたり、美しい自然にふれたときなど、沖縄では昔から、

「ヌチグスイになりました」という言葉を口にしてきました。心とからだを癒し、

元気にしてくれる「ヌチグスイ」、体によい全てのものへの感謝の言葉です。

琉球大学では、その「ヌチグスイ」が健康と美容にどのように関わり、

どのようによいのかを科学的に解明するために、県民参加型の「ヒト介入試験」

プラットフォームの構築を開始します。

それに伴い、本取り組みの主旨に賛同し、メンバー(モニター会員)の募集や

様々な情報発信等にご協力くださるオフィシャルサポーター(協力企業)を募集します。

 

 〈基調講演Ⅰ〉  ヘルスケア市場の可能性と健康・美容関連ビジネスにおける流通戦略

  国分関信越株式会社マーケティング部企画課 参与 鉄林康司

  〈基調講演Ⅱ〉  健康・美容市場におけるエビデンスマーケティング

  ~美容やスポーツ分野など機能性食品の最新トレンド紹介~

  日経BP総研マーケティング総合研究所 主席研究員 西沢邦浩

  〈研究事例〉  眠りの質が美容と健康の鍵
  ~機能性エビデンスの必要性と拓かれる新しい市場~

  ソムノクエスト株式会社 代表取締役 江口直美

 〈ディスカッション〉沖縄におけるヒト介入試験プラットフォーム構築に向けて

  鉄林康司・西沢邦浩・江口直美・屋宏典(琉球大学副学長)

 

詳細はこちらをクリック

【申込先】
申込用紙に必要事項をご記入のうえ、FaxまたはMailでお申込みください。
チラシのQRコードでスマートフォンからもお申込みいただけます。

Fax: 098-993-7240
Mail: h170051lab.u-ryukyu.ac.jp

【お問い合わせ先】
琉球大学ヌチグスイ研究室事務局  Tel: 098-895-1701
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1 琉球大学産学官連携推進機構棟3階(株式会社沖縄TLO内)