“植物” の記事一覧

和名
リュウキュウボタンヅル
学名
Clematis taiwaniana Hayata var. ryukiuensis Tamura.
方言
ブクブクーグーサ、チートゥミグサ、ミンバイグサ
性状
つる性で、葉は3出複葉、小葉が3枚向かい合っており縁は粗いぎざぎざ。白い小さな花を咲かせ、咲き終わると綿毛のような毛が伸びる。…

詳細を見る

和名
リュウガン
学名
Euphoria Longana Lam.
方言
リンガン、デインガン
性状
中国南部原産の果樹で10mぐらいの高さになる。果実は球状で果皮の表面にこまかいコブが密生し、黄褐色。果肉は白色で汁が多く、生食または乾果とする。結実する数は多いが、風味はレイシより劣る。…

詳細を見る

和名
リュウキュウマツ
学名
Pinus luchuensis Mayr
方言
マーチ、マチ
性状
高さ20〜25m、直径1m以上にもなる常緑の高木。木が大きくなると、樹皮が割れウロコのようになり、枝振りも風格が出てくる。葉はふつう2枚あって、線形、長さ10〜20cmぐらい。樹脂溝は中位で長さ7mmぐらいある。雌花序は…

詳細を見る

和名
リュウキュウアイ
学名
Strobilanthes cusia O.K.
方言
エー、アイ、オーエー、イエー
性状
中国原産の多年生低木状草本で、幼い茎や花序に短い横にねたような毛がはえているほかは全体無毛である。葉は対生し、卵形または卵状披針形で長さ17cm葉身はくさび形に葉柄へ流れていく。花は淡紅紫、5弁の合弁でやや横に向いたよう…

詳細を見る

和名
リュウキュウマメヅタ
学名
Lemmaphyllum microphyllum Presl var. obovatum C. Chr.
性状
樹皮や岩はだに着生し、裸葉は倒卵形または倒卵状長楕円形、広倒披針形、まれに円形で鈍頭、母種のマメヅタにくらべて大きく、長さ5cmぐらいに達する。基部は長鈍尖脚で長さ2〜26mmぐらいの柄になっている。実葉はへら状披針形ま…

詳細を見る

和名
ユウゲショウ
学名
Oenothera rosea Ait.
性状
北アメリカ原産の多年草でヒルザキツキミソウと同じく観賞用に栽培されたものが野生化したものである。荒れ地や道端でよく見られる。高さ20〜40㎝で、茎の先の方に花びら4枚の径約1.5cmのピンクの花を咲かせる。…

詳細を見る

和名
ユキノシタ
学名
Saxifraga stolonitera Meerb.
別名
イワタケ、イワブキ
方言
ミミグサ、ミンジャイグサ、ミンダレーフサ
性状
地を這うように広がる半常緑多年草。全株長毛におおわれている。葉は2〜5㎝でふちがギザギザした円形。葉の間から20〜50㎝の花茎を伸ばし、白色の花が咲く。本州、四国、九州および中国に分布。湿気の多い半陰地、岩石地などに自生…

詳細を見る

和名
ユリ
学名
Lilium spp.
方言
ニビル、ンゲール
性状
日本の比較的気温の低い地域に自生または栽培される多年草。高さ1〜1.5m。葉は細長い。夏に白い6弁で基部が筒状の花を数個つけ芳香がある。鱗茎は10㎝ぐらいになり、数十個の鱗片が抱合する。…

詳細を見る

和名
ヤブラン
学名
Liriope platyphylla Wanget Tang
方言
ヤマクーブ
性状
高さ20〜50cmくらいで、葉は革のようなつやがあり、細長く先が尖っている、長さ50cm内外。夏、円筒形に淡い紫色をした小さな花を多数咲かせる。果実は種子の裸出したもの。太くて短くかたい根茎をもつ多年生草本。つるのないの…

詳細を見る

和名
ヨシススキ
学名
Saccharum arundinaceum Retz.
別名
ムラサキオバナ
方言
トーグシチャー、トゥグシチ
性状
インド原産の大型多年生草本。稈は太く束生し3mぐらいの高さになる。円錐花序は長楕円形で乳白色をしている。畑地や畔道などに自生する。…

詳細を見る