“植物” の記事一覧

和名
ツルグミ
学名
Elaeagnus glabra Thunb.
方言
クービ、シルクビギ、ザウカニ、ザウカニギ
性状
低木草。茎が半つる性で長く伸び、山の中では長さ10m以上になる茎もある。小枝は赤褐色の星状でおおわれている。葉は長楕円形で、若い葉には褐色の毛が変化した星状毛がたくさん見られる。葉が古くなるにつれ、星状毛も剥げ落ちて少な…

詳細を見る

和名
ツルソバ
学名
Polygonum chinense L.
方言
シーボーザー、ウシヌミンタマー、シーボージャー
性状
山手に近い畑周辺でよく見かける。半つる性の野草で長さ1mほどになる。枝の先に小さな白い花を多数つける。茎は円柱形で長く横にのびて分枝し、地面に低く接してつる状となる。葉は軟らかくて、互生し、葉柄があり、広卵形または卵状楕…

詳細を見る

和名
チョウシチク

詳細を見る

和名
ツルドクダミ
学名
Polygonum multiflorum Thunb.
性状
1720年に中国から渡ってきた多年草で、落葉性の木質のつる。茎はつる状でいちじるしくのび分枝し、長さ3〜4cmに達します。葉は心形または卵心形で長さ8cm、巾7cm、葉柄4cm。秋、枝先の葉のわきに多数の総状花序からなる…

詳細を見る

和名
チョウセンアサガオ

詳細を見る

和名
ツルナ
学名
Tetragonia tetragonioides O.Kuntze
別名
ハマヂシャ、ヤマヂシャ
方言
チルナ、ハマンスナ
性状
草丈10〜60cm。葉は3〜10㎝で丸みを帯びた三角形。葉のわきに目立たない黄色の花をつける。北海道西海岸から九州、沖縄および中国、台湾、南アジア、ニュージーランド、オーストラリアに分布する肉質の多年草。花弁はなく、核果…

詳細を見る

和名
チョウセンニンジン
学名
Panax schinseng Nees
別名
オタネニンジン
性状
中国、朝鮮原産の多年生草本で、薬用植物として畑に栽培され、高さ60cm内外。根茎はふつう短く、直立あるいは斜めにはえ、下端は大きな白色多肉の直根となって分枝する。根茎の先から直立する1本の茎がのび、その頂部に3〜4枚の葉…

詳細を見る

和名
ツルノゲイトウ
学名
Alternanthera philoxeroides
方言
ミズフサ、ヒィーナ
性状
南アメリカ原産の1年草で、溝や田の周辺、湿地などに見られる。半つる性で、高さ20〜50㎝くらいになる。タカサブロウとよく似るが、葉の縁や花の形などで区別がつく。…

詳細を見る

和名
ツクシメナモミ
学名
siegeabeckia orientalis L
方言
ミーチリグンソー、ヤファレーグサ
性状
茎が赤っぽく、花に5本の細長い突起をつけるのが特徴的な高さが20〜80cm程になる1年草である。花につく細長い突起は、総苞片と呼ばれる花序を包むヘラ状の葉で、花の付け根当りから出る。…

詳細を見る

和名
ツルムラサキ
学名
Basella alba L.
別名
セイロンホウレンソウ、インディアンホウレンソウ
方言
ジービン、カンダティ
性状
つる性の多年草。葉は5〜10㎝のハート形から卵形。葉の間に白い花を穂状につける。各地で野菜として栽培されている。葉は互生し、広卵形の肉質で柔らかい。花ははじめは白色で、徐々に好色を帯びてくる。果実のように見える偽果は紫色…

詳細を見る